製品活用事例

コーヒー豆の酸化対策


コーヒー豆はどう保存されていますか?



コーヒー豆は正しく保存しないと
どんどん酸化が進み、すっぱくなってしまいます


酸化


酸化を防ぐカギは、
「酸素、日光、湿気、高温」を避けること




そこでおすすめなのが、
ANKOMNの真空保存容器です

真空保存容器ターンシール


ANKOMNの真空保存容器なら
ダイアルを回すだけで容器内の空気を簡単に吸い出します




脱気&密閉効果で湿気も
抑えます

ANKOMN_アンコムンの保存容器で湿気対策
(完全に湿気を取り除くわけではありません。また、野菜など保存物が水分を含んでいる場合や呼吸をする場合、容器内面に水滴がつく場合がございます)


電気や電池が不要なので
冷蔵庫や冷凍庫でも使えます



容器部分が白い遮光タイプなら、
日光を完全にカット
(遮光タイプは真空保存容器ターンシールのみ)

ANKOMN(アンコムン)_真空保存容器ターンシール_遮光タイプ





ANKOMNの真空保存容器は
「酸素、日光、湿気、高温」の影響を
抑えるのにとても有効な容器です


コーヒーを愛する皆様
ぜひ一度お試しください!



【大切な補足】

本商品は挽く前のコーヒー豆の保存にご利用いただくことを
おすすめさせていただいております。

真空保存容器ターンシールは挽いた豆の保存にもご利用いただける仕様にはなっておりますが、
パッキン部分に豆の粒が付着したり、脱気する際に空気と一緒に豆の粒がフタ内部に侵入すると、
真空の持ち時間が短くなります。

挽いた豆の保存にご利用になる場合は、豆をいったんビニール袋などに入れてから保存し、取り出す際はスプーンをご利用ください。

なお、真空保存容器セビアは粉類を保存されると故障の原因になりますため、
挽いた豆の保存にはご利用いただけません。



コーヒー豆の保存におすすめの商品

(保存重量は目安です。コーヒー豆の粒のサイズや煎り具合により異なります。)







お米×真空保存
ANKOMN(アンコムン)の真空保存容器をコーヒー豆の酸化対策に
ドライフードを真空保存_酸化予防
鳥やハムスターのフード保存
真空保存容器のお得なセット
ANKOMN_お客様の声
インスタグラム
お得な訳アリ商品
メディア掲載
製品活用例
真空保存容器セビアをお取り扱いいただける小売業者様へ
ANKOMN_真空保存容器セビア_アフィリエイトパートナー様募集中

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ