真空保存容器セビアについて

真空を保つコツ


お買い上げいただいたセビアの真空が保たれない場合には以下をご確認ください。

1)パッキンがしっかり装着されているか

脱気が十分に行われていない状態でフタを開けると、パッキンの一部が外れ、空気侵入の原因になる場合がございます。また、パッキンはフタにかぶせるのではなく、溝にはめ込んでください。

パッキンの正しい装着方法

パッキンの誤った装着方法
真空保存容器セビアのパッキンの誤った装着方法


2)パッキンに付着物はないか

パッキンに保存物の粒や毛、ホコリがついていると真空を保ちにくくなります。
パッキンは清潔に保ち、保存物を取り出す際はスプーンを使いください。

真空保存容器セビア_スプーン


3)ダイアル回転数は足りているか

ダイアルの回転数が足りないと、フタと容器が十分に密着せず、空気の侵入口を作ってしまいます。

ダイアルは回し始めと同じ力加減では回らなくなるポイントまでしっかり回してください。なお、それ以上回し続けるとダイアルが破損する可能性がありますのでご注意ください。

真空保存容器ターンシール_フタ


4)解除ボタン(フタ上部のボタン)は指の腹で押す

ボタンを爪などの尖ったもので押すとキズが付き、空気の侵入口となってしまいます。ボタンにキズが入った場合の故障はメーカー保証の対象外です。くれぐれもご注意ください。



【ご参考】セビアのお手入れ方法

パッキン

フタ本体から取り外し、流水や洗剤で洗浄後、よく乾かしてください。

乾かす際は、自然乾燥か、拭く場合にはキッチンペーパーなどの毛羽立ちや紙粉の発生しにくいもので拭いてください。

ティッシュや布巾などで拭くと、紙粉や糸が付着し、真空保持機能を阻害する可能性がございます。


フタ本体

水拭きしてください。
流水洗浄はしないでください。




容器

流水、洗剤、食洗機、浸け置き洗いが可能です。
容器底部のシリコンは取り外し可能です。




お買い上げいただきましたセビアについてご不明点や問題点がございましたらお気軽に shopmaster@ankomnshop.jp までご連絡ください。
(不在の場合がございますので、メールでのご連絡にご協力ください)



戻る



お米×真空保存
ANKOMN(アンコムン)の真空保存容器をコーヒー豆の酸化対策に
ドライフードを真空保存_酸化予防
鳥やハムスターのフード保存
真空保存容器のお得なセット
ANKOMN_お客様の声
インスタグラム
お得な訳アリ商品
メディア掲載
製品活用例
真空保存容器セビアをお取り扱いいただける小売業者様へ
ANKOMN_真空保存容器セビア_アフィリエイトパートナー様募集中

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ