真空保存容器セビアについて

真空を保つコツ


お買い上げいただいたセビアの真空が保たれない場合には以下をご確認ください。

1)パッキンがしっかり装着されているか

脱気が十分に行われていない状態でフタを開けると、パッキンの一部が外れ、空気侵入の原因になる場合がございます。また、パッキンはフタにかぶせるのではなく、溝にはめ込んでください。

パッキンの正しい装着方法

パッキンの誤った装着方法
真空保存容器セビアのパッキンの誤った装着方法


2)パッキンに付着物はないか

パッキンに保存物の粒や毛、ホコリがついていると真空を保ちにくくなります。
パッキンは清潔に保ち、保存物を取り出す際はスプーンを使いください。

真空保存容器セビア_スプーン


3)ダイアル回転数は足りているか

ダイアルの回転数が足りないと、フタと容器が十分に密着せず、空気の侵入口を作ってしまいます。

ダイアルは回し始めと同じ力加減では回らなくなるポイントまでしっかり回してください。なお、それ以上回し続けるとダイアルが破損する可能性がありますのでご注意ください。

真空保存容器ターンシール_フタ


4)解除ボタン(フタ上部のボタン)は指の腹で押す

ボタンを爪などの尖ったもので押すとキズが付き、空気の侵入口となってしまいます。ボタンにキズが入った場合の故障はメーカー保証の対象外です。くれぐれもご注意ください。



【ご参考】セビアのお手入れ方法

パッキン

フタ本体から取り外し、流水や洗剤で洗浄後、よく乾かしてください。

乾かす際は、自然乾燥か、拭く場合にはキッチンペーパーなどの毛羽立ちや紙粉の発生しにくいもので拭いてください。

ティッシュや布巾などで拭くと、紙粉や糸が付着し、真空保持機能を阻害する可能性がございます。


フタ本体

水拭きしてください。
流水洗浄はしないでください。




容器

流水、洗剤、食洗機、浸け置き洗いが可能です。
容器底部のシリコンは取り外し可能です。




お買い上げいただきましたセビアについてご不明点や問題点がございましたらお気軽に shopmaster@ankomnshop.jp までご連絡ください。
(不在の場合がございますので、メールでのご連絡にご協力ください)



戻る



ご紹介動画

商品について動画(英語)でご紹介しています。


 


仕組み(詳細)


真空保存容器セビアの仕組みをご紹介いたします。

1.容器内の空気の抜き方
現在市場で販売されている真空保存容器は「手動」で空気を抜くものと「電動」で空気を抜くものに大別されます。さらに「手動」で抜くタイプには主に以下の2タイプがあります。

①容器フタにポンプつけて手動で空気を抜くもの
②フタの表面全体または一部を何度か押すことで空気を抜くもの

セビアはそのいずれにも属していません。セビアはフタについているダイアルを回すことで容器内の空気を抜くという新しいタイプの真空保存容器です。


2.ダイアル回転数
では一体何回ダイアルを回せば良いのでしょうか。容器内が空の状態(つまり空気で満たされている状態)で計測したところ、以下の回転数になりました(注1)。

セビア1.0L  約1回転 (約3ひねり)
セビア1.5L  約1回転半(約4ひねり)
セビア2.4L  約2回転 (約6ひねり)

注1:上記回転数はダイアルを1回転(360度)させることを指します。従いまして、容器を卓上に置いた状態でダイアルを回すと1回転=約3ひねりとなり、容器部分を半時計回りに回転させながら回すと1回転=約1.3ひねりしていただくことになります。

つまり、ダイアルを1~2回転させるだけで容器内の空気を約30%抜くことができることになります。通常は容器内に食品を入れますので、実際の回転数はもっと少なくなります。上記の回転数は最大回転数とご理解ください。

3.空気を抜く仕組み~4つの特許技術~
手動でダイアルを1回転させている間に、セビアのフタの中では何が起こっているのでしょうか。

セビアのフタの中にはANKOMNが誇る特許技術が4つ組み込まれています(実用新案登録第3204380号)。これらの技術により、手動でダイアルを1回転させるたびにフタ内部の幾多ものゼンマイやギア、ドライブユニットが駆動し、ダイアルを約32回転させるのと同じ効果を生み出しているのです。


これはすなわちセビアの技術を使わずに容器内の空気を約30%抜こうとすれば、一番小さな1.0Lサイズでも約32回転もダイアルを回さなければならないことになります。セビアのすごいところは、それを電気や電池を使わず人間の手によるほんの数ひねりで可能にしてしまうところなのです。

同じことを手動のポンプで行おうとすればそれ相応の労力が必要とされます。ダイアルは別付けではないので、いちいち取り付けたり取り外したり、別の収納先から取り出す必要や無くなってしまうこともありません。








カラー


真空保存容器セビアには以下のカラーのご用意がございます。

1.0L浅型:ベージュのみ
1.5L  :ベージュ、グレー、ブラウン
 2.4L  :ベージュ、グレー、ブラウン


各カラーの特徴

▶ベージュ

真空保存容器セビア1.5L_ベージュ
とても優しくお上品な色合いです。
眺めているだけで、優しい気持ちになります。
迷われたらこれを選べば間違いなし。
不動の人気No.1です。


▶グレー

真空保存容器セビア1.5L_グレー

シックなお色味です。男性に人気があります。
黒や白でインテリアを統一されている方、
かっこいい系がお好きな方におすすめです。



▶ブラウン


赤みがかったブラウンです。はっきりした色合いなので、
存在感が出ます。こちらも人気のお色です。

メディア掲載

女性セブン(2017年2月23日号)の「情報BOX」というコーナーでご紹介いただきました!
女性セブン2017年2月23日号_掲載

よくあるご質問

1. 真空保存容器セビアはどの程度真空状態を保つことができますか?


概ね1~3週間です。商品や保存されている食品、シリコン部への汚れの付着度合い、ダイアルの回転数などにより異なります。


2. 真空保存容器セビアのお手入れ方法を教えてください。

フタ
フタの底部についているシリコンを取り外し、シリコンのみを流水や洗剤で洗浄ください。フタそのものを洗浄すると、水や洗剤がフタ内部に入り込み、故障の原因となります。フタ内部に水が浸入することによる故障・不調は保証の対象外です。



容器部分
容器部分は流水、洗剤、食洗機、浸け置き洗いが可能です。フタ下部のシリコンは取り外し可能となっております。

洗浄可能部分


3. 真空が保たれません。

以下をご確認ください。

1)フタのパッキンにズレはありませんか?

パッキン(シリコン)がフタ本体にしっかり装着されていないと、空気が漏れこむ原因となります。

真空の解除が十分なされていない状態でフタを開けると、密閉力に負けてパッキン(シリコン)が一部外れてしまうことがございます。ズレがないかを今一度ご確認ください。

   

   真空保存容器セビア_パッキンの正しい装着方法


2)パッキン(シリコン)にホコリや保存物の粒が付着していませんか?

空気は微細な隙間からも入り込んでしまいます。特にペットフードを保存されている場合、その顆粒がパッキンのヒダ部分に付着することで、真空を保ちにくくなる場合がございます。その場合は、パッキンをお取り外しいただき、側面のヒダ内部をよく洗浄、ご乾燥のうえ、再度お試しください。


3)保存物は粉ものではありませんか?

粉ものや、粉になりやすいペットフードなどを保存されますと、脱気の際に粉末がフタ内部に入り込み、故障する原因となります。なるべく粉ものの保存はお避けください。やむを得ない場合は、ビニール袋などに入れ、袋の口をねじって下に向けるなどにより、脱気時に粉末が浮遊しないようご注意ください。



4)その他

新鮮なコーヒー豆など、内容物がガスを発生することにより容器内外の圧力バランスに変化が生じ、空気が侵入することがあります。一度容器を空にした状態で真空機能が働くかをご確認ください。


上記をご確認いただきましたうえでやはり真空を保てないようでございましたら、お気軽に shopmaster@ankomnshop.jp までご連絡ください。


お米×真空保存
ドライフードを真空保存_酸化予防
鳥やハムスターのフード保存
真空保存容器のお得なセット
ANKOMN_お客様の声
インスタグラム
お得な訳アリ商品
メディア掲載
製品活用例
真空保存容器セビアをお取り扱いいただける小売業者様へ
ANKOMN_真空保存容器セビア_アフィリエイトパートナー様募集中

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日中にも発送作業を行う場合がございます。

ページトップへ